このサイトについてコースター情報寝言研究室フォーラムカンリニンの部屋
寝言 zzz・・・

 未来のアトラクション「ロボコースター」 2007/4/18

KUKA Roboter GmbHというデンマークの企業があります。産業用ロボットを開発している会社なのですが、その技術の粋を集めて開発された新タイプのアトラクション、それが「ロボコースター」です。このライド、2003年のIAAPA(International Association of Amusement Parks and Attractions:遊戯機器の世界的展示会)にて優秀賞を受賞し、アミューズメント業界で注目されました。ちなみにベコマ社との共同開発。


/www.robocoaster.com

このアトラクション、ロボットアームの先にコースターのようなシートが取り付けられており、空中を様々な動きで振り回されるというもの。ソフトウェア制御ロボットなので、設定次第で動きを変えることができますし、映像や演出と同期を取ることも簡単にできそう。タッチパネル式のコンソールで乗客が好きな動きをいくつも組み合わせて、オリジナルの動きを作るなんてこともできるようです。まさに未来のスリルライド。

未来のアトラクションと書きましたが、実はデンマークの「レゴランド」や、フランスの「フュテュロスコープ」という映像を主体とした新世代テーマパークなどにおいて実用化されています。

ちなみにフュテュロスコープはいろんな意味で注目パークです。映像テーマパークと銘売ってますが、単なる3Dアトラクションがあるだけではなく、最新テクノロジーを駆使し、すごく個性的なアトラクションがたくさんある世界に二つと無いパークです。(近いうちに中国への進出も予定されています。)

このロボコースター、コースターと言ってもレールを走らないじゃないかと思ってしまいますが、実はレールを走る本当のロボ「コースター」もプランニングされているんです。それが、これ。


www.screamscape.com

すごいインパクトじゃありませんか!こいつは想像を絶しています。ただこれはIAAPA2004での展示。あくまで参考展示なのですぐにパークのアトラクションとなるわけではありませんが、いつか必ず実現するでしょう。

で、実は今、このロボコースターが注目の的になっています。

それは、米ユニバーサルスタジオが今後十年間、このアトラクションに関る技術を独占使用する契約を結んだことがリークされたから。(screamscapeなどを参照。以下は噂レベルの話も含まれています。)

この技術については、ディズニー社も将来的な新アトラクション候補としてとても注目していたようです。アトラクションの一部の演出においては、この技術がすでに使用されていた様子。ところが今後10年間、新たに同技術を使用したアトラクションを作ることはできなくなってしまった。

ある話では、ウォルト・ディズニー・イマジニアリング(WDI)の社員は「ハリーポッターの使用権をユニバーサルに取られたことよりも、この技術をアトラクションに使えない事の方がはるかに大きな痛手だ」と語ったそうです。ひょっとしたら、何か具体的なアトラクションの開発が進んでいたのかもしれません。

そう、実は時を同じくして、ハリーポッターのテーマパークにおける使用権もユニバーサルが取得したらしいのです。ここから想像されるのは、このロボコースターの技術を使ったハリーポッターの新アトラクションが登場する・・・なんてことになったら鼻血ものです。ワクワクする話じゃありませんか。
(ヴァンヘルシングのアトラクションになるのでは、という噂もあります。)

この二大テーマパーク企業が新アトラクションに関するテクノロジーを奪い合う構図は、珍しいものではないようで、最近では、「ソアリン」というグライダーの仮想体験をテーマとしたアトラクションのライドテクノロジーをディズニーが独占契約し、ユニバーサルは使用することができなくなったということもあったらしい。ちなみにユニバーサルは、ジュラシックパークの上空を滑空するアトラクションを企画していたそうです。ソアリンも素晴らしいアトラクションですけど、ユニバーサルの案も捨てがたかった。

さあ、そんなこんなで夢のあるアトラクションが登場しそうな予感がするわけですが、個人的には四次元コースターを超える超ド級の世界最強スリルライドができないかなーと夢想しています。権利が切れる10年後でもいいので、富士急さん、ぜひお願いします。

※英語サイトからの情報なので、英語が得意な方、間違ってるところがあったら教えてください。

 
このサイトについてコースター情報寝言研究室フォーラムカンリニンの部屋
SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO