このサイトについてコースター情報寝言研究室フォーラムカンリニンの部屋
グレートアメリカン・スクリームマシーン シックスフラッグス・グレートアドベンチャー
The Great American Scream Machine / Sixflags GreatAdventure 


■ 概要
スペック
   
オープン: 1989
製造: Arrow
モデル: Custom Looping Coaster
設計:  
建設費:  
長さ: 1158 m
高さ: 53 m
落差: 47 m
宙返り: 7
最高速度: 109 kph
落下角度:

 

乗車時間: 2:20
最大G:  
参考:RCDB他 
評価
スリル

ループコースターとしては、驚異的な高度からのドロップ。そして連続宙返り。ただ、全体的にはもっさりした動きで迫力に乏しい。
爽快感 ファーストドロップを除くとスピード感は無く、爽快感に乏しい。何より痛みでそれどころではない。
ダメージ 最悪の乗り心地!どうして何でもない直線部分でこれほど痛いのだ!?もう二度と乗りたくないコースター。
解説

Arrow製の大型ルーピングコースター。おそらく世界初の7回転コースターであると思われる。異様に高度がある割には半径の小さな垂直ループが3連続し、その後バットウイングと呼ばれる独特のひねりつき宙返りが2回転、さらにダブルコークスクリューという豪華なのか詰め込めるだけ詰め込んだだけなのかよく分からないエレメント構成を持つ。

今から見ると、スマートさを感じない無骨なコースレイアウトだが、建設当時はかなりセンセーショナルな機種であったのだろう。ネーミングやエントランスにも気合のほどが伺える。

ただ、実際乗ってみると楽しさからは程遠い。とにかく痛いのだ。Arrow製コースターに乗るときはいつもある種の「覚悟」がいるのだが、これは特にひどい。スピードはそれほどでもないのに、なぜか上下左右にくる鋭角的につきささる衝撃。それが体の芯まで響いて頭痛がする。

同時期に作られた、パラマウント・キングスドミニオンの「アナコンダ」が及第点の乗り心地だったのに、一体どうしたことか。そういえばプラットホームの天井がサビて穴が開いていた。ひょっとしたらメンテナンスの差かもしれない。


このサイトについてコースター情報寝言研究室フォーラムカンリニンの部屋
SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO